フラッシュ暗算もスタートしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都市伏見区にある丹波橋駅から徒歩3分のそろばん塾です。

昔からのそろばん塾(たくさんの生徒さん(15~20人以上)に1人の先生)のような、そろばん塾ではありません。個別指導を大事にして最大でも7人位まで、お子さん各自のお勉強のペースが異なるので、一人一人を先生がまわり毎回丁寧に様子をみながら、進む進度を見極めています。

テキストを一冊終えるたびに、お楽しみのくじ引きをしています。生徒さんはこれが楽しみのようで、前向きにがんばってそろばんをはじいてくれています。くじを引く前、引いた後の生徒さんの様子は、本当に無邪気でかわいいです。

さて、BRIDGEでは、この春からフラッシュ暗算もはじまりました。

フラッシュ暗算ってなに?

フラッシュ暗算とは、パソコンの画面にフラッシュ式で出題される数字の問題を、

珠算式暗算を使って計算するものです。最近ではテレビなどマスコミ関係にも多く紹介されるようになり、一般の方にも知られるようになりました。

ポイント1

珠算式暗算をつかうところがポイントです。ですので、BRIDGEではある程度そろばんの入門編をすすめていって珠の入れ方をしっかりマスターしてから、フラッシュ暗算のご案内をしています。

フラッシュ暗算だけ導入しているような教室もありますが、基本の珠入れを出来ないようでは珠算式暗算に結びつかないと考えています。

一般的にはランダムに数字が出題され、それをただ計算するもののように思われていますが、本当のフラッシュ暗算は、20年以上の研究を重ね、そのデータを元にどのような問題が頭にイメージしやすいかを難易度別に分け出題させることができ、練習者の暗算力を育てることができるものです。

つまりフラッシュ暗算とは、初心者から上級者までの全ての練習者においての暗算力を上達させることのできる画期的なプログラムなのです。

お子さんの暗算能力を高めるために、フラッシュ暗算の利用を勧めています。(普段の授業に10分追加で有料になりますので追加受講されるかは任意です)

ポイント2

百マス計算で有名な陰山英男先生(元立命館小学校副校長)によると、「…平成16年9月から土堂小学校1年生に、そろばん学習を導入。半年後に簡単なフラッシュ暗算もできるようになり、そろばん導入が脳にどのような影響を与えているかを調べてみると、何と知能指数平均が118と信じられない高さまで上がっていました。…」

(著書「学力の新しいルール」文藝春秋社刊より抜粋)

筆算とそろばんで子供は混同しないか

ひっ算や普通の計算は一般に人間の左脳を働かせるのですが、そろばんは右脳を働かせ、そして鍛えることができるという特別なプログラムです。

これにより、「計算力」はもちろん、「想像力」「集中力」も身につきます。潜在的なIQ自体が高まるという実験結果も出ております。

これらの能力が、「受験」に役立つことは言うまでもありません。

SCHOOL BRIDGE そろばんピコ丹波橋校

(月)16時~18時 前半16時10分~ 後半17時10分~(最終17時10分までに入室)

(水)16時~18時 前半16時10分~ 後半17時10分~

(木)16時~18時 前半16時10分~ 後半17時10分~

入室時間に関しまして多少前後可能ですが、個別指導を大事にしておりますので

前半後半のご希望を最初におききしています。

(勉強会等ない日は15時45分にはOPENしておりますが、16時にOPENする日もございますので早めに到着した場合、教室前でお待ちいただくことになります。そろばん学習日は、スクールカレンダーに準じます。これにより祝日OPENしている日もございます)

2018年6月現在(月)の前半と(水)の前半ほぼ定員近くになっておりますので、今後の受付はしばらくSTOPいたします。

2018年6月現在(木)の前半はまだ余裕ございます。連続で週2回来ていただくことも問題ありませんのでご検討ください。

フラッシュ暗算 週1回 追加10分~ 1200円(税別)

週2回 追加10分~ 2400円(税別)→1900円(税別)

現在週2回来てくださっている生徒様も、週1回だけフラッシュ追加も可能です。

一緒に楽しくそろばんをマスターしましょう!!

SCHOOL BRIDGE 075-748-6690

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加